fc2ブログ
こんばんは。
四国中央市の窪田歯科医院、窪田佑輔です。

新年度が始まりましたね

我々医療従事者にとっては、この4月は2年に一回の保険改定の時です。
実は4月1日から保険診療の内容が少し変更になりました。

全体的には大きな変更はなかったんですが、一つ、普段の診療に大きく関わる項目が変更になったので、紹介します。
・部分銀歯が白くできるようになりました!

今までの保険診療で、中程度の虫歯は虫歯を取ったあと型取りをして、部分銀歯(メタルインレー)にすることが主流でした。

メタルインレーイメージ

これがなんと白い素材でできるようになりました。

実は今までも他の素材で白くできてはいたんですが、これが強度的に弱く、なかなか実用性に乏しいものだったんです。私の経験では、装着前の調整中に割れる、なんてこともあったくらいでした💦
実質、保険診療では部分銀歯一択だったわけですが、白くて強度もある素材で治せるようになったわけです。


・名前を「CAD/CAMインレー」と言います

CAD/CAMというのは歯の形をコンピューターに読み込ませて、そこで形を設計し、機械でその形を削り出す、というやり方です。実は全体をカバーする被せ物タイプ(CAD/CAM冠と言います)については既に保険で認可されており、今回は部分的なインレータイプもできるようになりました。
※CAD/CAM冠については「過去記事」をご覧ください

ノンメタルインレーイメージ


近年、歯科の世界では
デジタルデンティストリー(歯科治療のデジタル化)
メタルフリーレストレーション(金属を使わない被せ物治療)

が進んできており、その流れに沿ったもの、と言えそうです


・全ての歯で治療可能なわけではありません

CAD/CAM「冠」の時もそうだったのですが、残念ながら、全ての歯で認められたわけではありません。

①小臼歯はOK
②全ての第二大臼歯がきちんと噛み合っている場合の第一大臼歯ならOK

という条件がついています。大体新しい治療が認められるときには、かなりきつい縛りがつきものなんですが、今回は比較的緩いかな、というのが個人的な感想です。使える場面は結構ありそうです。


・強度や見た目についてはやや劣ります

セラミックやジルコニアといった保険外の素材と比べると、やはり強度や見た目は劣ります。CAD/CAM冠の場合、割れる、外れるというトラブルが一定数あって、それはCAD/CAMインレーでも同じだろうと思います。

きちんと治すなら保険外、というのは変わらないでしょう。しかし時代の流れに沿った選択肢が増えるのはいいことだと思います。

銀歯治療があまり好きじゃない私にとっても、ありがたい改定でした(笑)
せっかく認可されたので、積極的に取り組んでみようと思います。
関連記事
スポンサーサイト




2022.04.02 Sat l お知らせ l top