fc2ブログ
こんばんは。
四国中央市の窪田歯科医院、窪田佑輔です。

去年からずっと準備していた機材が導入できましたので、紹介します

麻酔の一種なんですが

「笑気吸入鎮静法」

という方法です
・笑気って何?どんな効果があるの??

笑気とはあるガスの通称で、正確には一酸化二窒素(N20)と言います。
化学的にはすごくシンプルな物質ですが、数十年以上、医療の世界で用いられている古株です

その効果ですが、酸素とともに吸引することで
鎮静作用と鎮痛作用を得ることができます。


87296.jpg


・効果についてもう少し詳しく

この笑気、吸引するとちょっとぼんやりした感じになります。お酒を飲まない方にはわかりづらいかもしれませんが

「ほろ酔いの状態」

というのがまさにピッタリの状態です

そういう時というのは、精神的にもリラックスした状態でもあります。
これを歯科の治療で使うと、治療時の恐怖心や緊張感を和らげることができるのです。


osake_man4_laugh.png



・どういう人に用いられるの?

色々な人に用いられますが、代表例として
「歯科治療に強い恐怖心を持つ方」
が挙げられます
笑気には緊張感を和らげる作用がありますから、もってこいな訳です


ちょっとしたことでオエっとなりやすい人
「嘔吐反射のある方」にも有効です


あとは「インプラント手術や親知らずの抜歯」
といった、外科処置の際にも用いられます

他にも心疾患などの大きな病気の既往がある方にもいいそうです。

身体的精神的なストレスを軽減できることに加えて、一緒に酸素も吸入することになるので、バイタルの安定にもつながると言われています


87295.jpg



・笑気の誤解されがちなところ

患者さんに説明していると吸入する麻酔、という風に思われがちです
医療ドラマの影響もあってか、手術室で眠らされているシーンを思い浮かべる方が多いようですが、笑気は全く別物です🙅‍♂️


まず、眠った状態にはなりません!
ぼんやりはしますが、意識があって受け答えができる状態ですので「寝ている間に治療が終わった!」という話には、残念ながらなりません


そして普通の麻酔は必要です!
鎮痛作用があるにはあるのですが、それで全ての痛みがなくなるわけではありません。これも残念ながら、注射の麻酔はしないといけません。ただリラックス効果もあってか、注射時の痛みは出にくく、麻酔の効果も得られやすいと言われています


吸入を止めればすぐに抜けます!
ほろ酔いの状態と言いましたが、その状態が長く続くことはありません。吸入をやめると数分でシラフ(?)の状態に戻ります。ですので、しばらく休憩すれば自分で運転して帰宅することも可能です


なかなかイメージがつきにくいかもしれませんが、この笑気、かなり古くから用いられている方法で、安全性有効性は充分に示されています。身体面でも精神面でもかかるストレスを軽減することができるので、治療のハードルを下げることにもなるんじゃないかなと思っています。



《公式LINE、インスタもチェックしてください》
LINEやインスタでは休診日やちょっとした活動の紹介もしています。またLINEでは検診の予約も受け付けていますので、ぜひご利用ください

LINEはこちら

インスタはこちら

関連記事
スポンサーサイト




2024.02.07 Wed l その他 l top