FC2ブログ
こんばんは。
四国中央市の窪田歯科医院、窪田佑輔です。

寒い日が続きますね、私も今月は風邪気味で体調管理の難しさを感じています。

突然ですが、人間誰しも歳をとっていきます。

健康で長生きするためには予防したい2つの病気?(状態?)があります。
ひとつは

メタボリックシンドロームに代表される生活習慣病

もうひとつは

体力筋力の低下や骨折などによる寝たきり、要介護状態

先日行ってきた講演会で、メタボと歯の関係について興味深い話が聞けました。

究極にまとめて言うと

歯がなくなると、メタボになりやすくなる

ということです。

歯がなくなると食べられなくなってやせるんじゃないか、と思いがちですが、

必ずしもそういうわけではありません。

この現代、色々な食べ物にあふれており、何にも食べられなくなるなんてことはありません。

食べるものが少し変わってくるのです。

その特徴は糖質、炭水化物の割合が増えて、緑黄色野菜、お肉の割合が減ることです。

お菓子の食べる量も増える傾向にあるそうです。

糖質、脂質、炭水化物は「高カロリー、低栄養」な食品で、

体を動かすエネルギー源は多いのですが、体を作る栄養分は多くありません。

そのため、脂肪↑、筋肉↓、骨量↓といった変化が起きてきます。


私はダイエットを兼ねてジムでトレーニングをしてますが、

まず言われたことは、しっかり筋肉をつけてやせやすい体にしましょう、ということでした。

ただカロリーを消費するだけよりも、筋肉をつけて基礎代謝を上げた方が効果的なのだそうです。


つまりこの状態はその逆、太りやすく、痩せにくい体になるってことです。

メタボ一直線なのは想像に難くないと思います。

じゃあ、摂取カロリーを減らす、食べなければいいじゃないか、というとそうでもありません。

タンパク質、ビタミン、ミネラルといった栄養不足が引き起こすのは

筋力低下、骨密度低下、

そしてその先は老後に起きる転倒→骨折→寝たきりの要介護ドミノです。

メタボを乗り越えたようでもその先で、寝たきりのリスクが控えているのです。


さて日常の診療でよく目にするのが、大臼歯の欠損放置です。

大臼歯は上下左右2本ずつありますが、例えば右下大臼歯2本の欠損がそのまま、なんてことがよくあります。

理由としては

①入れ歯は気持ち悪い(このようなケースでの義歯使用率は50%程度だそうです)

②インプラントは高いからやらない

③なくても意外と反対側でかめる


というのが多いのですが、実は③が曲者なのです。

「意外と噛める、食べられる」と結構言われますが、

実際に調べてみると、咀嚼効率がかなり下がっている、

噛めているようであんまり噛めていないことがわかったそうです。

で、知らず知らずのうちに食事の内容が変わって…あとは前述のとおりですね。


生活習慣病対策の一環として食事指導が行われます。

でもその食品を食べられなければ意味がありません。

食べられるお口にすることも立派なメタボ予防ではないでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト




2018.01.30 Tue l その他 l top